Twitter facebook Instagram YouTube RSSで購読する

全ての色を受け入れ祝福~コールドプレイの愛溢れる夢のライブ|東京ドーム公演前後の日記と総括

あと10日でヨーロッパツアーが始まるので、オフィシャルサイトのこの表示も見納めです。

ColdplayTokyoDome

その前に、A Head Full Of Dreamsツアーの感想とか、東京ドーム公演前後の日記とかをぐだぐだ書きなぐっておきます。


ソウルと東京でたくさんの夢が実現したA Head Full Of Dreamsツアーでした。

■ Xylobandをつけられたこと

あれだけ夢見ていたXyloband。2日目にして邪魔、重いと愚痴りだす始末でしたが(ゴメンw)眺めは絶景でした。あの一体感はやみつきになる。

■ 野外スタジアムで見られたこと(花火の量がとんでもなさすぎw)

■ Cステージを間近で見られたこと(8年越しの夢)

■ Warning Signが聞けたこと(いやこれは夢にも思わなかった!)

■ 子供達を連れてきてくれたこと

■ ◯◯◯◯に会えたこと

この後の展開が今でも信じられないんだけど、ほとぼりが冷めたら(冷めるの?)話せる日がくるのかな?
とりあえず、コールドプレイは最高に優しくて誠実でファン思いなバンドであることをお伝えしておきたい(あ知ってました?ごめん)

事情を説明して写真を見つけたら知らせてくれるようお願いしたら、5分で見つけて返信くれたColdplayingの中の人もありがとうw

■ なにより、A Head Full Of Dreamsツアーを体験できたこと


2016年3月末に始まった4年ぶりの大規模ツアー。

南米ツアーを楽しく追いかけつつ、父の退職記念のイギリス旅行がてらウェンブリー公演に行く計画を立てている最中に起こった熊本地震。

全損した実家に手伝いに帰って、夜は避難所生活。Coldplayの曲を聞く暇も心の余裕もなかったそんな時に目に入ったのがこの動画でした。

YouTube

メキシコ公演で、地震の被害にあった日本とエクアドルに光を送ってくれている美しい動画。今見ても涙があふれます。クリスはこちらのメッセージでも愛を送ってくれました。愛は日本に届いたよ!


やっとColdplayの曲が、というか音楽が聞けるようになった時に、たまたま聞いたのが『A Head Full Of Dreams』でした。様々な感情を受け入れ、乗り越えていくことを歌うこのアルバムが希望をくれました。

そういえば、アルバムが出る前に、TidalのギグでUp&Upを初めて聞いた時も泣かされたのでした。別のことで悩みもがいていた私に、シンプルなメッセージがすっと届き、心が軽くなったのを思い出す。


なぜだか分からないけど、Coldplayはいつもタイムリーに私に必要なメッセージをくれるのです。

アジアツアーが決まった時そんな思いを全てメールで送って、Debs (Oracle) が返信をくれたのも嬉しかったな。


クリスが言っていた「このアルバムはバンドの集大成だ」という意味。ライブを経験してやっと理解できたように思います。

Don't Panicで恋に落ちたこと、In My Placeのライブ映像でクリスに惚れたこと、辛い時期をX&Yで乗り越えたこと、武道館ライブでの衝撃、人生観が変わるようなViva La Vidaツアー、2011年東日本大震災の年に来日して力強いメッセージをくれたフジロック、世界6ヶ国しか回らない中で日本を選んでくれたGhost Storiesツアー…

いつも人生に寄り添ってくれたColdplayの様々な時期を思い起こさせるようなライブでした。


花火に、虹色の紙吹雪に、カラフルな風船に、火柱に、紙テープに、サイケデリックな映像に…

そんな夢の中のような景色が広がる『A Head Full Of Dreams』の楽曲たちの間で、『Ghost Stories』の曲はブルーとグレーの闇に潜り、『Mylo Xyloto』の曲は闇の中から強烈な光を放つ。

それ以前の曲は基本単色で締める。

力強く鳴り響くViva La Vida、賛美歌のようなFix You、研ぎ澄まされた『A Rush of Blood to the Head』の曲、そして観客との距離がぎゅっと縮まる『Parachutes』の愛しい曲たち。


全ての色、全ての音、全ての夢、全ての人生を受け入れて祝福するような、愛に溢れた空間。

それを象徴していたのが、メンバーがCステージに移動する際に流れたKaleidoscopeです。

「すべての感情をゲストとして迎え入れよう」というルーミーの詩。感情のフレーズに合わせてザイロバンドの色が変化していたとフォロワー様に教えていただき、ハッとさせられました。


正直、ライブの動画だけを見ていた時は、曲と曲のつなぎにも演出にも余白がなくて、何もかもが過剰に思えたのですが、実際あの空間に降り立つと、何でもありに見えるあの演出は計算しつくされたもので、会場にいる全ての人を巻き込む仕掛けなのだなと気付かされました。


韓国公演のMCでクリスが「どこの席にいようと、全員が今夜のコンサートの大切な一員であることを伝えたい」と言っていた。

Coldplayのライブでいつも感じてきた観客との一体感。A Head Full Of Dreamsツアーではそれが最高潮に達しています。

あの夢のような至福のひとときに戻りたくてたまらない。


 

東京ドーム公演前後の日記


というわけで振り返ります(笑) ただの備忘録です。


■ 4/15 ソウル公演ライブレポート+動画
■ 4/16 テーマパークのような会場・Cステージ密着レポ・Yellowでセウォル号追悼

 

コールドプレイ御一行様も日本入り。ライブレポに書きましたが仁川空港でニアミス( ;´ω`)チーン

KeshiaのInstagramによると、KeshiaとNicoちゃんは16日から既に日本にいて、この日はディズニーランドに行っていたようです♪

 

その日の早朝(夜中)に場所を決めるという無計画っぷり。解散間際に大興奮な出来事が♪

 

朝食も取らず飲み物も持たずに出かけたら、午前中の用事?が長引いて、15時まで飲まず食わずで干からびました(ライブの朝から何してんのw)

早く行って色んな方と会う約束してたのにごめんなさいm(_ _)m

DSC_2550

すぴかさん&MOMOさんと東京ドームに到着したのが15:30。グッズ売り場でYukiさんと合流♪

グッズ購入後は大忙しでしたが、3年ぶりの再会があったり、ずっと会いたかった方とようやく会えたり(中には2006年からやりとりしてた方も♪)、台湾から来られた方となぜかリバプール話で盛り上がってみたり、仲良くして下さった皆様ありがとうございました!!

自作のイラストに、手作りバッジに、オーダーメイドクッキーに、CDに、お土産に、ポスターに… もらってばかりで申し訳なかったですが、本当に嬉しかった。みんな天才!全てが宝物です(クッキーは早々と食べてしまっちゃったけど :P)


Miyukiさんにはアブダビのカウントダウンライブでもらってきたというザイロバンドを大量にいただきました!フラワーオブライフ付きでカラフルで、真っ白で味気ないアジアツアーのよりかわいい~ありがとう!

hinataさんにもばったりお会いしてミニチュア粘土の写真撮らせていただきました!足も手もプラプラ動くの!可愛すぎた♥

ColdplayTokyo1


 

ライブが終わって、自分の分と友達の分とジップロックに紙吹雪を詰めにいったら、ローディーさんに頭からバッサバッサとかけられる。ライブ3回行って紙吹雪をちゃんと?浴びたのはこの時だけだったという…w

ColdplayTokyo2


また皆様と合流して移動して打ち上げ。感動を分かち合い終電で帰宅。企画してくださったMOMOさんありがとうございました!!

この日からすぴかさんと合宿開始ヽ('∀')ノ

 

六本木のCharlie Brown通り→カウンターヴォイドでジャンプ→Sunday Times通りを練り歩き

原宿でスニーカー屋さんめぐり(ウィルのお気に入りの店はどこー?)→表参道(後にこの日ウィルがCA4LA表参道店で目撃されていたことを知る)→明治神宮でクリスの絵馬探し(明治神宮にはKeshiaも行ったみたい。ガイも行ったのかな?)→Lovers In Japanをかけながら代々木公園でまったり

その後また色々ありましたが、ガイの好物ラーメンで〆。

 

ジョニー&ウィルの好物トンカツとクリスの好物みそスープを食す→MEWのアコースティックライブへ(今回来日したMEWのお二人はColdplayの東京ドーム公演に来ていたようです。Coldplayのスウェーデン公演ではオープニングアクトを務めます)

4875942aef66d3c67a664dcd1756a588


帰宅して、ライブの動画やめざましの録画を見ながら二人Coldplay Night♪ 私達は一体いつになったら寝れるのか。

 

すぴかさんのお土産のカレーと、ジョニーの(?)ツナサラダで、合宿終了(´;ω;`)

 

東京駅で待ち合わせ。

別れを惜しみつつ、アナベルへのクリスのお土産コリラックマLLサイズ(¥9,000)を発見してストーカー行為続行。

5f2fb20d6653581c5c64105372d66940

ホテルまでこれを小脇にかかえて持って帰るクリスさんを想像して(゚A゚;)ゴクリ


すぴかさんとの別れはいつでも辛い。帰りの電車でテンション上がる話を聞いて一瞬浮上するも、澄み切った青空を見てまた凹むという…

Now the sky could be blue I don't mind without you it's a waste of time…


後日、すぴかさんからジョニースペシャルをいただきました。すぴかさんありがとう。ジョニーありがとう。コールドプレイとコールドプレイファンの皆さんありがとう。信じられない出来事の連続でした。

jonnyspecial


また会う日まで、2017年4月の思い出を胸に生きます。


2 Comments:

  1. SangoさんのColdplayへの深い愛情と感謝の気持ちが痛いほど伝わってきて、涙が止まらないです。

    SangoさんのBlogで、曲の解説やUp&Upの和訳を読んで、そして今回ライブを体験して、『A Head Full Of Dreams』が愛しくてたまらないアルバムになりました。
    Sangoさん、ありがとう(*^^*)

    そして、幸せと奇跡が詰まった濃密な9日間。
    (今思い出しても、現実のこととは思えないくらいの奇跡だと思う…)
    バカなこともストーカーなことも(笑)したけど、ほんっっっと楽しかった!!
    Sangoさんと共有するColdplayのライブは格別です。
    私もあの夢のような時間・空間に戻りたくてたまらないよ(;_;)
    SangoさんとColdplayには、いくら感謝を言っても言い足りない。
    本当にありがとう。

    P.S.
    ガイが3日連続で通ったラーメン店を、突き止められなかったことが心残りです(そこ?w)

    返信削除
    返信
    1. すぴかさんありがとう(;_;)

      韓国に行く前は色々あって、トラブルも不安も一緒に経験して、その上でのあの奇跡の連続…

      振れ幅が大きすぎてジェットコースターのような、夢のような9日間でした。

      すぴかさんと毎日バカやれて幸せでした♥

      すぴかさんがいなかったらColdplayのことこんなに好きになれてたかな?
      ライブこんなに楽しめたかな?
      っていつも思うんだよね。
      感謝してもしきれないよ…(;O;)

      いつもありがとう。そしてこれからもよろしく(*´∀`*)

      ガイのラーメン店どこなんだーーーー!?!?

      削除